2015/02/28

湾仔の洪聖古廟

湾仔にある「洪聖古廟」は香港の一級歴史建築物、

実は約150年前、その手前は海沿いでした。

小さいの湾岸ということで、

「湾仔」という名付けられたそうです。

元々この浜辺のところに小さいな祭壇,

そして、1860年から今の規模までに再建された、

最後で修築したのが1992年。

昔から湾仔に住んでた地元がほとんど漁民で、

洪聖大王から守ってもらように祈ってるそうです。

ちなみに、その向かい側の「大王東街」及「大王西街」、

大王のことは洪聖大王のこと。

洪聖大王に関する情報:

そのため、

湾仔地元のルーツはこの「洪聖古廟」の周辺と想像できた。

ところで、

毎年「打小人」<ダーシウヤン>~

不幸をもたらす人を追い出させる風習~の季節になると、

この古廟の中で必ず「打小人」を行うというです。

この裏壁にあるガジュマルの木、

なかなかのパワースポットらしいよ。

すごい妙な場所と思われるかもしれませんね。

2015/02/27

茶餐廳のアイス

またまた、茶餐廳のネタ、

飲み物を注文すると、

アイスの方がホットよりも2、3ドル程度高いものがほとんどね、

それではなぜか追加料金が必要かという話。

昔、茶餐廳でアイスを販売するには、

別のライセンスが必要だそうで、

わざわざ取得するなんで考えられなかった。

そしたら、氷工場から巨大な氷を購入して、

茶餐廳まで運んでもらい、

工場側が店の前で手渡してから済むが、

店側は自ら氷を店の中に運搬して、

店員が汚れた表面を削り、

さらに、コップに入れられる程度のサイズまで細かく砕く、

中の手間は相当のものなので、

アイスを注文する時、

人件費の代わりに、追料金をするようになった。

現在、ほぼすべての茶餐廳は現行品の粒状氷を購入することに、

しかし、この追加料金の常例はそのまま保留されてる、

メニューなどにも普通に明記されてるね。

注意点:
1)追加料金なし店は多少存在する
2)アイス飲み物を注文する時、
  「氷なし」(走冰)をすると、
  追加する必要なくなる店は存在する
3)さらに、アイス飲み物を注文する時、
  「氷なし」(走冰)をすると、
  追加料金以外、
  「氷なし」の追加料金を発生することも耳にする。
注文する前に、改めて確認しておきましょう!

2015/02/26

茶餐廳の引き出し

茶餐廳に行くと、

注文したものがテープるまで持ってきて、

でも、お箸、フォーク、スプーンなど、

テーブルの上で何もおいてなく、

店員さんに手を振っても寄ってこなく、

突然のひらめきで、

テーブルの横に触ってみると、

引き出しを発見!


思惑通りだね、

ティッシュペーパーまできれいに納められてる、

店舗のスペースを極力に活用して、

最小限に定員の店員さんの手間を省くため、

このようなテーブル設計が考え出されただろうね。

昔なら、なかったのに、

やっぱりこの商売環境の中で、

やむをえないでしょうね。

香港人なら、納得するが、

外国人のお客様が来たら、

戸惑うだろうね?

2015/02/25

この時期になると、

香港で、「霧」は完全に主役になる!


高層ビルを見ると、

まるで雲の中に入ってる、

中に住んでる人たちは窓から何もみえないでしょね。

なぜか植民地になった頃、

イギリス人はピークに住みたがるのも「霧」のためでした。

当時クーラーまだない時代に、

東南アジアの気候に慣れてなく、

ピークに行くと、

涼しくなり、

その快適さで虜にされた。

その上、春の時間、

霧かかるようになり、

まさに自分の故郷”イギリス”を彷彿させる。

そして、

Richard MacDonnell総督が1868年頃避暑の為の別荘を建て、

ピークに家を建つパイオニアは彼でした。

その後、富裕層がこの周りに邸宅を立てたことに始まっている。

しかし、

この「霧」はみんなに困らせるね、

家にカビが入ってくる、

洗濯ものが乾かない、

除湿器全開。

観光者にとって、

いい写真撮れない時期もあるだね。

2015/02/24

旧正月前の悩み

我々香港人の悩みの一つかもしれません。

旧正月に欠かせないもの~「ライシ」というお年玉からの悩みです。


貰えるのは子供だけでなく、

既婚者から未婚者、

部下が上司から頂くも一般的なパターンです。

家庭状況、住んでる場所による

お手伝いさんや、マンションのコンセルジュや警備員までも配る必要か、

悩まされてる人は決して私だけではありません。

では、「ライシ」を配る範囲(境界線)はどこまで?

細かく考えると、マンションに常駐掃除の御婆さんたちがいるし、

メンテナンススタッフもいる、配るべきでしょうか?

さらに、人によって、

行き付けレストランの店員さんも配ります。

どこまで面識があるか改めて考え直さないと行けません。


いちいち配ることになれば、

切りが無いと思っています。

それ以上、親戚、同僚を含め、

どの対象に対して、

どの金額を配るべきかも事前に決めとかないとなりません。

すべてを決めたら、

自分にもわかりやすいように、

それぞれ特徴ある「ライシ」袋を選び、

入れるべき金額のお札を入れて、

最終的に仕分けて、

同時に財布やカバン、服のポケットを入れて、

出かけるときに、

出会った人が配る対象になれば、「ライシ」が瞬時的に出せるように、

この事前の用意ごとも悩まされました。

↓このブログをご覧になって、いいと思ったら、ポチっと押してほしいです。
↓你按一下,我個blog就可以係日本或香港更受人關注,可以令更多人有機會睇到!
にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
にほんブログ村

2015/02/22

通勝

新しい年に入り、

休み明け、いつ営業開始かという問題で、

多く風水を信じるボスはこの「通勝(トンセン)」と呼ばれる暦の本を見て、

吉日選びになるでしょうね。

年ごとで毎年更新するわけ、

香港でも結婚や引越の日取りは重視され、

年寄や風水信者には「通勝」を見て吉日を選ぶ。

この「通勝」には、

365日のそれぞれの日々で、

行って良いことと悪いこと、

冠婚葬祭の吉、凶などがこと細かく書かれる。

香港のお線香屋で売られている。

もし広東語わかる人なら、

実はもっと面白い内容も入ってる、

日食月食、大潮小潮など、

結構盛り沢山、

元々「通書」を名付けられたが、

ただし、「書」と「輸」(意味=広東語の負け)の発音と同じで、

縁起よくするために、「通勝」にしたもの。

2015/02/18

旧正月の大晦日

今日は大晦日「大年三十」ともいう、

家族揃ってご飯を食べる「団年飯」の習慣がある。

元旦のお祝いよりも大切な日とされています。

「団年飯」を家族と共にしないことは、

団結を欠く大変親不孝なことと思われる。

現代の社会人は昔より忙しくて、

なかなか大晦日に都合つけないこともあって、

よって、前倒し行うことがよくある。

そして、既婚者はもっと大変、

先に自分の親の家に行くか、

パートナーの家に行くか事前に何回も調整しないといけないことも。

昔、この日は一番楽しみにしてる、

田舎にあるじいちゃんの実家で行う、

ひさしぶりに親戚の顔をみれて、

おしゃべりしたり、

とても、家族の絆を固めるには欠かせない一環でした。

写真はじいちゃんの実家の一角。

2015/02/17

旧正月の全盒の中身

旧正月に欠かせないもの~”全盒”

お客様が家に訪れてくる時、

”全盒”を開いて食べてもらう風習がある。

ちなみに、”全盒”には、

”十全十美“(完璧)という意味もある。

丸い形が一般的、それ以外、六角形や八角形、

最近までいろな変わった形もある。

”全盒”には、縁起の良いお菓子や食べ物を入れてある。

主流的に入っている食べ物とその理由を紹介する:

1瓜子:お金を抓る (瓜子を取る時の仕草が似ている)
2糖蓮藕:年々に余裕ある生活のように (発音で似ている)
3) 糖蓮子:年々に子宝に恵まれる (発音で似ている)
4) 開心果:楽しくように (文字のまま)
5) 油角:出世できる (”角”を取り、頭角を現し意味に)
6笑口棗:よく笑う (調理する時、表面が避けて、笑顔に見える)

2015/02/16

旧暦12月28日の風習

今日2月16日、旧暦12月28日、

香港には「年廿八、洗邋遢」<りんやーばっ、さいらんたーっ>と

言う風習がある!

日本の「大晦日の大掃除」みたいなもの、

きちんと家のお掃除して、

いらない服を人にあけたりする、

財運が汚い家には訪れないと昔から言われることも。

さらに、必ず柚子の葉をつけたお湯で、

入浴する。

悪いのを追っ払いましょうという意味だそうで、

でも、若い世代はあまりやらなくなってるだろうね。

また、昨年の春聯をはがして、

新しい春聯を貼り替えたり、

一新するのがこの日からね。

2015/02/15

旧正月の休日

そろそろ街中は長期休暇モードに突入する!

社会人は2月19日~22日の休日を利用して、

16日~18日まで有給を取って、

今週末から9連休にして、旅に出る人が多いでしょ!

そして、

店とか休みの張り紙も用意してるはず、

事情によって、風水によって、

初営業日は違うので、

気になる店、

行こうとしてる店を事前にチェックした方がいいですよ。

また、この時期はヘアサロンが一番忙しい時期、

混雑を和らげるために、

特別なチャージを徴収することも。

2015/02/14

年初一の風習

まず"新年快樂"!

今日旧正月の年初一(旧正月の初日のこと)、

周囲から楽しい雰囲気に囲まれてる中、

実は禁忌のこともある、

掃除、洗濯、頭洗うなと、

「掃」、「洗」に関することをやってはいけない風習がある、

「除去」という意味であることで、

せっかく幸運が新年と伴って届けてくれたのに、

追い出すにはいかないでしょうね。

年寄は大体大晦日で済ませて、

この年初一はなーにもしない、

時にはほうきを隠すまででしたね。

今の若い人は全然気にしないでしょ!

2015/02/13

公共団地の話

団地の話の続き、

今残る古いタイプは、

タワータイプではなく、

縦てるマッチ箱のようなタイプだ。

下記の一番古いタイプの団地名、地区、完成時期:
 
北 角 邨 北 角 1958 年 1 月 X
西 環 邨 西 環 1959 年 3 月
蘇 屋 邨 長 沙 灣 1963 年 4 月 〇
彩 虹 邨 牛 池 灣 1964 年 10 月
馬 頭 圍 邨 土 瓜 灣 1965 年 1 月
和 樂 邨 觀 塘 1966 年 7 月
福 來 邨 荃 灣    1967 年 1 月
華 富 邨 薄 扶 林 1971 年 3 月
坪 石 邨 牛 池 灣 1971 年 3 月
愛 民 邨 何 文 田 1975 年 9 月

X→すでになくなった。
〇→再建中

写真は蘇屋邨の建築現場、

着々工事は進んでる、

西環邨はたぶんしばらくなくならないようで、

近いうちに見に行きたいね。

2015/02/12

南生圍

ここは西鐵の元朗駅から徒歩30分以内着く撮影パラダイス、

”南生圍"という場所。
            (写真クリックをして、それ以外の写真を見る。)

香港のドラマの撮影、結婚写真の撮影でよく使われてるロケ地、

昔から農地、エビや魚の飼育池でしたが、

今、周りの発展しつづ一方、

この穏やかな自然を死守してる、

広い範囲の芝生があり、

天気いい時に散策してはいかがでしょうか?

2015/02/11

Hollywood Roadの由来

香港の一番最初の道路は「荷李活道」(Hollywood Road)、

1841年から作り始めた、

周辺にたくさんのホーリー(セイヨウヒイラギ)の木があるから、

そういうふうに命名した、

まったくアメリカのハリウッドと無関係だ。

ちなみに、

その近くのSOHOエリアの命名は、

ニューヨーク市マンハッタン区のソーホー (SoHo) からもあったが、

実は「”So”uth of ”Ho”llywood Road」から、

英語の省略からもあったよ。

年寄のカードゲーム

今だと年寄しかできないカードゲーム~十五湖(サップンウー)。

香港の伝統的な紙牌と知らされてるが、

街角でこういう光景はよく見られると思う、

わたしむか~しからずっとじいちゃん、ばあちゃんたちの見てたが、

なかなかルールがわからない、

恐らく今大半の香港人もわからないと思う、

わかっても説明できないらしい、

偶然ネットでこの詳しく説明されたサイトがみつかったので、

シェアさせてもらいます!

これも文化遺産になるでしょね?!

2015/02/10

臘味

昨日の1枚、

肉や魚を塩漬けにし、

7日間漬け込んでから水洗いし、

さらに2日間寒風の中に干して完成する、

一般的は保存食とされてる、“臘味”と言う。

この時期一番大人気の臘味煲仔飯(釜飯)でよく使われるね。

広東省では、

旧暦11月~12月当たりはちょうど北風吹き始め、

乾燥日々が続いてるので、

まさに“臘味”を仕上げるための時期とも言える。

でも、香港の環境問題で、

屋外の干す場所によって、

虫が寄ってくることも珍しくない、

衛生面を考慮すると、

現在“臘味”を燻製するには、

必ず店の製専用の部屋で行う。

わたしもこの専用の部屋を覗いてみた、

残念なことは写真は撮れらなかった。

ちなみに、この”臘味”は私的は苦手の方、

臘腸は唯一ふつうに食べれるもの。

2015/02/09

九龍ビール

友達の写真を見て、

すぐ眼球を奪われた、

 何これ?

ワインに見えるが、

実はビールだそう、

以前紹介した香港製造ビールと違って、

これは別のメーカーの商品だ、

”nine-dragons-brewery”というメーカー、

当然”九龍”というだね!

ラベルはいくつもあるが、

「九龍」以外、「新界」をはじめ、

結構何種類もあるみたい、

しかもパッケージはシンプルで悪くない
オーナーはドイツ人で、

製法もドイツの製法かな?

どこに売ってるか確認してるところ、

わかり次第、

またみんなに連絡するね!

2015/02/08

香港のサーフポイント

香港の冬は実はサーフシーズン(10月~4月)、

東風が吹けば、いい波が入る!

サーフポイントは主な2か所しかない、

1)香港島→Big Wave Bay(SHEK Oの近く)




2)九龍の西貢→Tai Long Wan

都会に近いのは1)、

MTR筲箕灣駅でSHEK O/Big Wave Bay行きミニバスを乗れば、

20分ぐらい着く。












水は割ときれい(レパルスベイより絶対きれい)、

ビーチの近くに海の家も結構あったし、

サーフボード、ボディーボードのレンタル屋さんもある、

ウェットスーツさえ持っていけば、遊べるよ。

元々、50年代から、外国人の休日穴場らしい。


行き方ややこしいのが2)、


とにかく、西貢の黄石碼頭に行かないと、

アクセスは始まらない、

ややこしいので、

人は少なく、天気いい時、水はとてもきれい、

ビデオの色ではなく、普通に写真のような感じ!

香港にいる休日はショッピング、買い物以外、

またまたたくさんのアクティブすることあるよ!

夏はまた夏でサーフィンできるところがある、

また夏時に紹介する!

香港の冬はサーフシーズン

香港の冬は実はサーフシーズン(10月~4月)、

東風が吹けば、いい波が入る!

サーフポイントは主な2か所しかない、

1)香港島→Big Wave Bay(SHEK Oの近く)

 2)九龍の西貢→Tai Long Wan

都会に近いのは1)、

MTR筲箕灣駅でSHEK O/Big Wave Bay行きミニバスを乗れば、

20分ぐらい着く。

水は割ときれい(レパルスベイより絶対きれい)、

ビーチの近くに海の家も結構あったし、

サーフボード、ボディーボードのレンタル屋さんもある、

ウェットスーツさえ持っていけば、遊べるよ。

元々、50年代から、外国人の休日穴場らしい。

行き方ややこしいのが2)、

とにかく、西貢の黄石碼頭に行かないと、

アクセスは始まらない、

ややこしいので、

人は少なく、天気いい時、水はとてもきれい、

ビデオの色ではなく、普通に写真のような感じ!

香港にいる休日はショッピング、買い物以外、

またまたたくさんのアクティブすることあるよ!

夏はまた夏でサーフィンできるところがある、

また夏時に紹介する!

2015/02/07

打小人シリーズのガチャガチャ

香港の風習がガチャガチャに!!??

セブンイレブンに通りかかったら、

このような「打小人」シリーズガチャガチャを発見!

「打小人」とは、

不幸をもたらす人を追い出させるという一年中行われる風習が、

驚螫の日(啓蟄)に活動が特に多くて、

実際いつも見れてもおかしくない!

「打小人」に必要とするスリッパ、ヒール、

紙で出来た虎、呪われる人形まで揃ってる、

それにしてもこのガチャガチャはかわいすぎる!


2015/02/06

刀の専門老舗

深水埗を通過する度に、

この目立つ看板は必ず目に入るよね。

看板の形の通り、

刀の専門老舗だ!

初代は1946年上環で店を構え始めたが、

途中今の場所に移動した。

今でも世界中のお客様から最高品質の刃物を追い求めてくる、

なぜなら、

二代目がイギリスまで刃物製造の研修しに行ったから、

今でも英語ペラペラでお客様に接してる。

そして、

この老舗、詠春拳の葉問さんとの付き合い話でも有名だ

50年代香港に来て、

設立した武館の場所は深水埗でしたため、

葉問さんがこの店に詠春で使われる”八斬刀”の製造を依頼した、

現在に至ってもここしか製造していません、

香港唯一だから、

店の自慢商品の一つだ!


2015/02/05

ぬいぐるみ大好きな香港女性

バレンタイデーに近づくと、

花束の予約広告がガンガン来た!

その中に、

ぬいぐるみ付きのセットもある。

たまに日本人に言われたが、

男性から、

香港の女性はぬいぐるみのプレゼントもらうのがとても喜ぶなんで、

日本で考えられないという、

確かに、日本にはあまり見かけたことないね?

特に街中で、

ぬいぐるみを抱えながら、デートするなんで、

一回も見たことない!

ディズニーランドなら、例外かもかな?!

実際はどうなんでしょうね?

眠ってるコインは黄金?

もしかして、眠ってるコインや札が黄金になる?

競売専門家による、

1964年製造される0.05HKドル(五仙)が極めて少数だから、

良好状態であれば、3000HKドルでも売れるではないか、

使用済み状態でも500HKドルに売れるみたい。


また、1980年製造される0.1HKドル(一毫)は、

現在使用されるのサイズより大きいもの、

あの年は最後の製造だそうで、しかも数量わずか、

良好状態は1000HKドルまで価値あり、

使用済み状態でも400HKドルも買取る手いる。

わたしもちょうど財布の中でコインを出してみたら、

クイーンエリザベスII世の絵模様の1HKドルを発見、

今は特に高い価値ないだろうね、

でも、持つだけでうれしいという感じだね。

そいえば、1993年製造される1HKドルは鉄成分が高すぎで、

多くの自動販売機も受け付けれなくて、

ほとんど回収されたようで、

ぜひ、手持つの1HKドルを確認してみては?