2015/07/13

1907年の信号塔

今日紹介したいのは尖沙咀の訊號山上にある信号塔。

香港警隊前水警総部(今の1881Heritage)に置かれていた

時報球儀器を移管するため、

1907年この訊號塔が別称Blackhead Pointの山に建てられました。


 2009年から香港一級歴史建築と認定された。



最初の頃、塔の最上階に大きな銅球がぶら下がっていて、

毎日午後1時に銅球が特別な装置で引き離され、

柱の根元まで落ちて行くようになってた。

ビクトリアハーバーに運行中の船ですが、

この時報で航海計器を調整してた。


本来、塔の高さは12.8Mでしたが、

1927年に高さの18.9Mまで一階を増築した、

屋根も半球型になった。


しかし、1933年から無線時報の普及により、

この旧式の時報法は廃止されました。

現在毎日の営業時間は非常に短くて、

0900~1100 , 1600~1800のみ、

入って登りたい人は事前に時間チェックしておいでください。



信号塔以外、この「訊號山花園」は結構広くて、

意外とビクトリアハーバーもよく見える、

ドラゴンボートレースを覗く最高の秘密基地かもしれません。



また、園内に砲台跡らしきものが残ってる、

1937年ここは昔英兵の兵舎として、

使用されたこと歴史もあったようです。


そして、昔の写真と尖沙咀海岸線の変化を見てみる、

当初はかなり臨海的な立地にあって、

外見はほぼ変わらなく、

変わったのが周りの景色ばっかりですね。

感慨深いです。


行きたい人に注意点:
この「訊號山花園」の入口は結構わかりにくい、
緬甸臺にあるこの看板は入口、隣はごみ収集所です。
訊號山花園のオープン時間:0700~2300、
普段はあまり混雑してなく、
一休憩の最高場所になると思います。


★取材当日、香港ウンチク話さんと同行させて頂きました。

↓このブログをご覧になって、いいと思ったら、ポチっと押してほしいです。
↓你按一下,我個blog就可以係日本或香港更受人關注,可以令更多人有機會睇到!
にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ

0 件のコメント :

コメントを投稿