2016/12/02

日本進出を目指してる旺記冰室

仲間の長年の夢だったお店をオープンしたので、

緊急取材に入れさせてもらいました。

香港茶餐廳と日本の食材を融合した結晶品と言ってもいいでしょう。


まず、このメニューを見てください。

日本人なら、うれしいな写真付きのデザイン、

言葉がわからなくても指差しで注文できます。

ちなみに、写真付きの品がかなりの力作だそうです。


新たなアイデアを取り入れることも売りです。

ドリンクに関して、鉄板の奶茶はもちろんクオリティー高い!


次のこの一杯はなんでしょう?

ジンジャー入り奶茶です。

風邪ひいた方、体をさらに温めたい方におすすめです。

この冬は試しておきましょう。


今度はコーヒーです。普通のコーヒーではなく、

アイリッシュ・コーヒーです、

つまり、ウイスキーを入りコーヒー

実際、飲みやすいと女性からの評判も上々です。


このたまごサンドイッチは如何でしょうか?

高級ホテルしか使用しないパンがこのお店で食べれます。

たまごは日本のものしか使いません。(全店のたまごもそうです。)

炒める時には牛乳を加えた上、

レタス+ビーナッツの使い合わせも盛り込んでる、

とてもとても美味しかったです。


では、茶餐廳に欠かせない朝ごはんセットの登場です。

特別なコンビネーションは見当たらないですが、

最大の秘密がマカロニスープに隠れています。


一般の茶餐廳のマカロニスープのベースがパウターで作られてるが、

ここがチキンをまるごとで12時間をかけて煮込んだ出汁を使った ものです。

食べ比べて見たら、きっとその大きな差がわかると思います。 


パンとたまごもそうですが、

先ほど話したように日本のものとホテル級のものを使用しています。

全部含めた素材と製法にこだわった値段も普通の茶餐廳と変わりません。

食べ比べて見たら、きっとその大きな差がわかると思います。 


また渾身の一品を持ってきました、

「叉焼炒蛋飯」(チャーシューの玉子炒めご飯)です。

まさに昨日の記事とかぶったが、見た目だけで勝負ありですね。

自家製の叉焼と醤油はかなりカギのようです。

量もたっぷりで、巨漢でも大満足できます。 


本当はおすすめこれだけではありませんが、

わたしばっかりで「うまいよ!」、「超おすすめです!」と言っても、

説得力を欠けてると思われるかもしれませんが、

一度足を運んで頂ければ、自分の舌で答えてもらいます。

開業したばっかりなので、新しいメニューもこれから増やすものです。 


立地は湾仔の繁華街の一本の裏道にしていますが、

ランチ前後の時間帯はほぼ行列できて、

しばらく待たないと入店できません。

取材当日は午前10時でした、

それにしてもお客さんの姿を途切れることなかった。


なぜこの茶餐廳が日本要素をたくさん取り入れようとするかどういうと、

近い将来日本進出を見据えてるからです。

香港の茶餐廳文化をぜひ日本まで広げたいため、

日頃、日本人お客さんでも喜ぶ製法を考えたりします。

本人から曰く、まだまだ不十分でありますが、

試練を受けながら、改善しに行きたいという決意を見せてもらいました。


仲間は日本語がわかる人だから、もし行って食べてみた後に、

何か意見があれば、どんどん反映してみてください。

日本進出には皆さんの貴重な意見も必要だと思います。


最後ですが、今回取材してみて、

お店のトイレをキレイにしてることが日本で成功につながると思い、

この感じなトイレなら、まずまずの出来ですね。

観光しに来る日本人お客さんがもし用がある時に、

奶茶でも飲んで、トイレを借りてもいいでは?


仲間のお店の成功を祈る私ですが、日本進出する際に、

絶対お店を借りて、皆さんとオフすると決めますからね。

頑張ってください。


現時点のメニューです。

これからどんどん追加するようです。

住所:灣仔謝斐道142號建利大廈地舖
営業時間:月~日(0700~2000)

↓このブログをご覧になって、いいと思ったら、ポチっと押してほしいです。
↓你按一下,我個blog就可以係日本或香港更受人關注,可以令更多人有機會睇到!

にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ

2016/12/01

西貢に出会った田舎食

手ぶらで西貢までに散策しに来ても困ることはありません。

なぜなら、西貢墟の大通りをはじめ、

あっちこっちも魅力ある食事処があるからです。

老舗かおしゃれなお店も充実してるし、

きっと個人好みにある味に巡り合えると確認します。


新しい店を除く、

しばらく雰囲気よさそうな老舗を一通りチェックしてみましょう。


路地までの食の通りで、

歩けば歩くほど、どれを選ぶか悩んでみることも。



途中、【金山粥店】の前に足が止まった。

30年歴史もあるお店ですが、

今でも伝統な布拉式(布を伸ばす)で腸粉を作っています。

おばちゃんの手さばきはものすごく速いので、

あっという間に出来上がった。おいしそうだ。

天気が寒くなってる今なら、きっと瞬間温めてくれる一品になるでしょう。




張り巡る細く路地をグルグルした結果、

ランチはこのお店の名前で引っかかって、入ってみることにしました。


「雪糕佬」とはアイスクリームを売るおっさんの意味ですが、

店内にアイスの姿はまったく見当たりませんでした。

でも、なぜこの命名したか地元すらわからないものみたい、

とにかく昔から西貢に存在するとのことです。



床のタイル、キッチンの作りから80年代のテイストが漂っています。

それにしても日曜日の昼だから、ほぼ満席の状態でした。

注文はこの一枚メニューから選ぶ、

普通の茶餐廳とは変わりません。


事前に調べたことなかったので、何か有名がわかりませんが、

勘で「叉焼炒蛋飯」(チャーシューの玉子炒めご飯)をお願いしました。

もちろんドリンク付きです。

持って来られるのがこんな感じです。

田舎的な感じな出来具合、

とてもうまいとは言えませんが、スタンダードな味でした。


チェーン店がものすごくスピードで繁殖してる時代の中、

独自の空間を提供するお店が今だ健闘してる、

少しでも応援になれれば、幸いだと思います。

来てるお客さんたちもきっとそう思っています。


西貢墟で食事を取ったほか、鹽田梓にも地元からの逸品も頂きました。

正直に言うと、生れてから、

毎回西貢に来るのがさらに遠い島、さらに奥の山に行くためだった、

いつも乗り換えを目的とする場所として訪れたが、

今まで本当の風貌がちゃんと確かめたことなく、

今回こそ少し時間をかけて回ってみました。


鹽田梓に行く前に、西貢墟を散策して来ました。

島内に唯一ちゃんとしたレストランがあって、名物らしいが、

事前予約しないと、食べれませんので、お預けになりました。



すぐ隣にも食事処があるが、小腹が満たせるものがいくつしかありません。

豆腐花もう完売されたので、

目が瞬時に「客家茶果」(客家の伝統のおもち)までに移動しました。

どんな種類の茶果があるか確認をしてみたら、

なんといつも見慣れてる真っ白の茶果ではなく、

色がついてるものだから、興味津々に店員さんに聞いてみた。


紫は芋味で、緑はパンダンリーフだそうです。

しばらく悩まされたが

結局、パンダンリーフのおもちをしました。


飲み物が豆乳です。

ローゼルティー、マンゴスチン茶という選択もあったが、

おもちは豆乳に一番にマッチングする理由で選びました。


ほんのりとした香りのおもちですが、

一口を噛み切ったら、中身にあるピーナッツごまの濃厚匂いが広がります。

しかも、噛めば、噛むほど、飽きないあまみが続いています。

絶妙な組み合わせです。

さらに持ち帰り用の購入して行ってみたら、

これも完売になりました。


取り残されたのが凍らせたパイナップルかアイスぐらい、

これから冬に向けて、やっぱり暖かいものも用意してほしいですね。


以上は西貢の一日の散策で出会った食べ物でした。

如何でしょうか?

やはり田舎臭いでしょうか?

↓このブログをご覧になって、いいと思ったら、ポチっと押してほしいです。
↓你按一下,我個blog就可以係日本或香港更受人關注,可以令更多人有機會睇到!

にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ

2016/11/30

島より島らしい西貢墟

鹽田梓に行く前に、西貢墟を散策して来ました。

正直に言うと、生れてから、

毎回西貢に来るのがさらに遠い島、さらに奥の山に行くためだった、

いつも乗り換えを目的とする場所として訪れたが、

今まで本当の風貌がちゃんと確かめたことなく、

今回こそ少し時間をかけて回ってみました。


西貢と言えば、海鮮料理の街ですね、

個人的はどれぐらい海鮮を食べたくても、絶対ここを選ばないです。

一応一通りに回ってみます。


大きな水槽の中に様々な種類の魚介類が店頭に並ばれて、

確かにワクワクさせられますね、特に海外からの観光客、

夜になると、屋台の盛り上がりで、ついついお店に入ってしまいますね。


せっかく香港に有数の漁港までに来たから、

その場でとれたての海鮮を食べたい気持ちは非常にわかります。

きっと香港人が築地で食べたい気持ちと一緒でしょう。


海鮮街の突き当りに政府機関の【Fish Marketing Organization】があります。

ようは魚の中央卸の施設です。

ちなみに、香港に7箇所も設置されています。

01-香港仔
02-筲箕湾
03-觀塘
04-長沙湾
05-青山
06-大埔
07-西貢


魚に関する詳細紹介も見れるが、

なぜかこの場所で当日に別のチャリティーイベントも行われて、

そっちで目が奪われた。

話を聞くと、ボランティア団体から作られた活動で、

香港でよく食べれる伝統な祝い食べ物や

茶餐廳でもお馴染みのあれこれのマグネットが販売されています。

手作りだそうで、どれもかわいいですね。



買い出したら、すぐ破産しそうため、結局何も買わず、あとにした。

そしたら、次の街角が西貢墟の心臓である【西貢大街】です。

100年前は市場のような存在でしたが、

1970年代、西貢の萬宜水庫(香港最大貯水量ダム)の完成による、

このエリアの変化をもたらしました。


しかし、変わらずところが変わりません。

まさに【西貢大街】、70~80年代の雰囲気がうまく保たれてるようです。

長洲や南丫島などより、もっと島らしい風景が見れます。


しかし、変わらずところが変わりません。

まさに【西貢大街】、70~80年代の雰囲気がうまく保たれてるようです。

長洲や南丫島などより、もっと島らしい風景が見れます。


【西貢大街】を沿って行けば、行くほど、

見応えある古い建物が少なくありません。


鳥籠をぶらさがってるところもあります。

独特な一角です。

              
路地に山ほどよさそうな売店、茶餐廳などを見かけたので、

どれもステキそうで、入りたくなります。

この部分の記事だけ明日まで持ち越しです。


【西貢大街】を抜け出して、別角度から振り返ってみたら、

この景色です。


海沿いのことだから、【天后廟】は絶対どかにあると思いながら、

次の瞬間に目の前にバッタリ遭遇した。

1916年の再建で、【協天大帝】(關帝)のお寺がここをくっつけ、

今のような一列な廟が立ち並ばれてる形になりました。


その【天后廟】の隣に、このような階段道があります。

実はここから西貢墟を一望できる丘公園にアクセスできます。 


丘とは言え、それほど時間かからず、頂上までに三分もしなかった。

見晴らしはこんな感じです。

感動するほど絶景ではなかったが、西貢墟のスケールが一目瞭然です。

少し休憩したら、再び街へ。



西貢墟からちょっと出たところで、この牌坊がすぐ目に入ります。

その裏に十棟の5階建ての住居ビルが先ほど萬宜水庫の建設に関与します。

建設による、いくつの村落が移動しないといけなくなり、

まさにこの「新村」は村落の住民たちを納めるために作られました。


牌坊のすぐ隣に、貴重な植民地時代の郵便ポストを発見しました。


さらに大通りに進むと、真っ白な西洋風の建物が目立っています。

今は教会と幼稚園になっていますが、

実は1940年に完成されたこの建物が日本占領時期に憲兵隊本部として、

徴用されたことがあります。

終戦後、憲兵隊が建物から撤退することを拒否した歴史もありました。


なぜか西貢墟の周辺に学校がとても多かった、

しかも古いものばっかりです。

上に「新村」牌坊の写真の中、奥に「西貢公立學校」の姿も見れます。

1995年より廃校となっている、20年以上も放置されています。

この黄色ペイントされた校舎がまだ健闘中みたいです。


それほど広くない西貢墟ですが、

午前中さえあれば、ゆっくり回れました。

次は【鹽田梓】へのフェリー乗り場へ行きます。

行きたい方にアドバイスがあります。



西貢埠頭に結構いろなタイプなツアーのフェリーチケット販売ブースがある、

【鹽田梓】だけではなく、

【地質公園】、観光客に人気な島やビーチなどに回るフェリーもあるため、

間違わないように、事前に正確な購入カウンターを見つかって、

フェリーチケットを購入しておいた方が賢明だと思います。


チケットの購入とともに、【鹽田梓】の観光案内地図がもらえます。

そして、ラベルも一枚もらい、わかりやすいところに張り付けば、

乗船から【鹽田梓】の各箇所への観光までも便利になります。

なぜなら、このラベルないと一部の観光施設の見学が有料となるからです。

一部の観光施設の見学が有料となりますからです。



フェリーの時刻表はこのようなります。

【鹽田梓】に関する公式サイトは下記:
http://www.yimtintsai.com/

ぜひ、この違う味島をお訪ねてみてください。

↓このブログをご覧になって、いいと思ったら、ポチっと押してほしいです。
↓你按一下,我個blog就可以係日本或香港更受人關注,可以令更多人有機會睇到!

にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ