2017/06/26

法定古蹟と歴史建築の差は何?

狭い香港に現代風の建物から密集されてる中、

よく発掘すれば、まだまだ大変な宝が眠ってると気づくはず。

街中を散策することが好きな方々から見ると、

それなりに特徴があり、個性が溢れて、

さらに歴史価値がありそうな建築物がきっと大事にされてると思ったら、

いつの間に取り壊されて、

再び訪れると、もうありません。

きっと不思議に思いながら、なぜ?という疑問を持ってるだろう。

では、政府側が歴史建築物に対して、

どのような評価、もしく認定基準かを紹介してみます。


一般的に第二次世界大戦以前の建物、施設が判定範囲内に分類されます。

上記の【皇都戲院大廈】がようやく『一級歴史建築』と認定されて、

購入された財閥の手から取り壊される運命を免れた。

まず、『歴史建築』が三段階に分けられます。

【皇都戲院大廈】のような『一級歴史建築』ですが、

貴重な価値があり、

可能な限り、保存されなければならないというレベルです。

現時点で117棟も認定されました。

『二級歴史建築』ですが、

特別な価値があり、選別しながら保存すべきレベルです。

上記の【聖三一座堂】ですが、

まさしく『二級歴史建築』に認定されました。

以前も紹介した銅鑼灣にある【聖馬利亞堂】と同様、

香港の中にも数少ない、わずか二棟の東西が融合した教会です。



中国風の外貌が周囲の木に隠れそうになり、

他所から見ると、あまり目立ちませんが、

いざ、入ってみたら、見所満載だと思います。

現時点で『二級歴史建築』に認定された建物が185棟もあります。


『三級歴史建築』ですが、

若干な価値があり、保存するまでの視野に入ってないレベルです。

上記の【聖母無原罪主教座堂】ですが、

実は130年前から建てられて、戦争の洗礼を乗り越えて、

破壊された部分が再建による修復されたり、

その後また数回に渡った修築ですが、

それでも認定されていませんです。

現時点、『三級歴史建築』と認定された建築物は194棟です。

つまり、突然消えていってもおかしくない建築物です。


最後の『法定古蹟』は以上話した三段階の歴史建築に上回り、

非常に重要な価値があり、

大事に保存するための法律まで制定されています。

下記の『九龍佑寧堂』は最近より『法定古蹟』に認定された建築物、

今って、案外遅いと思うでしょう?

戦争の時は、建物のホールが一時期に馬の厩舎にもなったみたい、

言われるまでにこんな過去あると知らなかった。

今、『法定古積』と認定された建築物は114棟だけです。


いずれ『歴建築物』と『法定古蹟』も香港歴史の代弁者として、

毎日訪れた方にものを語ってるそうですが、

今、『歴建築物』、『法定古蹟』のリストが簡単に入手できたが、

実は2007年の前にこのような整備されたリストの一般公開はなかった。

スターフェリーの埠頭と皇后埠頭など重要な歴史建築が強制的に取り壊した、

政府にとって、大事にすべき建築物は何ですかまったく知らない、

納得した上に取り壊した方がよいではないかと市民の声が強かったため、

無駄な犠牲が発生しないようにリストの一般公開に踏み込みました。

いずれ『歴建築物』と『法定古蹟』も香港歴史の代弁者として、

毎日訪れた方々にものを語ってると思います。

↓このブログをご覧になって、いいと思ったら、ポチっと押してほしいです。
↓你按一下,我個blog就可以係日本或香港更受人關注,可以令更多人有機會睇到!
にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ

2017/06/21

自慢できる香港製造~利工民

世界に知らされてる香港の衣服ブランドと言えば、

GIORDANO(ジョルダーノ)、G2000あたりだと思います。

最も早く世の中に売り出した香港製造の衣服ブランド~『利工民』、

100年近い歴史もあるにも関わらず、

我々の世代にとっても、オヤジ臭いイメージがあるので、
(それは小さい頃、このブランドのCMの悪影響があるから。⇓⇓⇓)

ずっと敬遠していました。

本当にチャウ・シンチー(周星馳)のおかげで、

わたしの先入観が見事に覆された。

なぜなら、『利工民』の白いTシャツが愛用していますから、

普段でも、映画にでもよく着用しています。

と言いながら、その前に、ブルース・リーもずっと着ていた。


そして、今年の夏に向けて、人生初の『利工民』を買いに行きました。

『利工民』の販売店は4店舗しかありません、

どれも近い便利な立地にありながら、割と静かなのでよい感じです。

100年の老舗のオーラがあまり表に出てなく、

まるで街中の一部になっているような不思議な販売店です。


店頭のディスプレイは昭和時代のレトロ感が伝わってるでしょうか?

若い世代が素通りもわかりますが、

逆に今どきでもこれを変わらずに貫くことも拍手に送らないと。

店内に入ると、普通にお客さんがいて、

「さりげなさ」と的確なアドバイスも好感を持っています。

身長と求めてるTシャツのタイプを言ったら、

これとこれ、そしてこれがあるという安心感なベテラン口調がいい、

初めていくわたしも躊躇なくほしいかったものを購入しました。


『利工民』の夏物の線衫ラインアップですが、

「金鹿」のほかに「藍鹿」、「光華」、「秋蝉」のランクがあり、

「金鹿」は最高級品です。

ちなみに、編み物の世界に、

糸の打ち込み本数の量で質が決められています。

一般的50本、70本、100本、120本という規格があって、

120本は最高品質の規格です。

普段市販で入手できるTシャツはほとんど50本のもの、

下手すると、それ以下のもあります。

このは「金鹿」はまさに120本の規格です。 


初『利工民』のため、まず価格の手頃の「秋蝉」からです。

「Tシャツ」と「タンクトップ」それぞれ一着、

合わせても190HKドル、

下着感覚にしたら、少々高いかもしれないが、

そもそも下着とは別ものだと思います。


「タンクトップ」のラベルですが、

普通の変わらない位置にあり、「香港製造」までプリントされて、

それだけで十分安いと感じます。

そして、「Tシャツ」を広げてみたら、

下のような写真な模様です。

どちらも若干に薄く見れますが、

実際着用してみると、肌触りの良さ、

汗がかいてもペタペタしないところだけで納得した。

それ以上、

口コミによる4,5年でも持つなんで大変お得しか言おうがないです。


こう言った理由で過去に体力労働者など体をよく動く人たちに、

あんなに愛される理由がよくわかりました。

時代と伴い、香港に体力労働者が減る一方、

『利公民』を追い求める人達も減って行くはず。

幸い自前の店舗で家賃高騰の圧力がなく、

ここまでやって来られたが、

『利工民』を愛用する人たちがちゃんと世代交代しないと、

この素晴らしいブランドが消えて行く日も来るかもしれない、

だから、自ら購入まで至って、

その良さを証明したかったです。


今、かなり愛用してる「Tシャツ」のラベルですが、

ちょっと隠れてる所に縫ってあるので、

それでまたたまらないかっこういいです。

しならく着用しながら、冬のものの購入も検討します。

そいえば、『利工民』は男性ものばっかりではなく、

女性もののラインアップも結構充実されてるようです。

とにかく、迷わず、フレンドリーな店員さんに聞いてみてください。


店舗場所➀:九龍深水埗南昌街188號
店舗場所②:香港上環永樂街111號
店舗場所③:九龍旺角上海街505號
店舗場所④:香港湾仔莊士敦道224號

↓このブログをご覧になって、いいと思ったら、ポチっと押してほしいです。
↓你按一下,我個blog就可以係日本或香港更受人關注,可以令更多人有機會睇到!
にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ

2017/06/19

うえにはうえがある~貴記

豆腐花が大好きなわけではありませんが、

香港の庶民的なスイーツとして、常に極めたい気持ちがあります。

一見簡単で仕上げる一杯ですが、

並々ならぬ努力が秘められてると思い、

単価安くて、あまり利益を得れない一杯にもかかわらず、

どこにも経営難に陥りやすい環境中、

報われない努力を惜しまないお店に応援したくて、

日頃いつもアンテナを張り、

我々見落としそうなお店を探し続けています。


あの日、地元からの紹介による、

まだ香港にある豆腐花の最強店を食べ尽くしないことが教われた。

まず、OPENRICEに載ってないことは絶対地元以外に知らされてない、

さらに、マスコミなどの報道もほとんどありません。

実際、お店に来てみたら、なんとなくその理由がわかります。



場所ですが、土瓜湾で紅磡よりにある唐楼群の中、

細い道にありますが、

この近くにあのアーロン・クォックが初めて香港アカデミー賞で、

初めて最優秀主演男優賞を受賞した作品~【踏雪尋梅】のロケ地の一箇所、

榮興茶餐廳』を以前ご紹介したことあるぐらいです。

この辺り、普段でも数少ない通行人の姿しか見れません、

外から店内の様子を伺うと、

積極的な接客姿も見れません。

むしろ、お客さんの有無が気にしていませんようです。 


近づいてみると、店内はお客さんが座れそうなテーブルが2つ、

当日が1つのテーブルが作業場になってるので、

店内に入ったら、指定席のように、そのまま着席した。

恐らく見覚えのない顔で、他所の一見さんと思われ、

クールな顔をキープしながら、こちらの様子を気にし始めた。 



淡々と「暖かい豆腐花」と注文した後、

店内を物色のように一周回覧した。

過去に訪れた歴史あるお店の雰囲気がほぼ一緒です。

勝負できるのがはやりこの一杯です。

こんな状態でお届けてくれました。

躍動感のある豆腐花が見えますか? 


見た目からすると、かなり期待できそう。

最初は何も入れずに一口をした。

今までない滑らかさが口に広がり、舌触りは明らかに違います。

一気にテンションマックスへ、

少々の黄砂糖を入れた後、止まることなく、ひたすら食べ続きます。

このレベルの豆腐花がここにしか食べれないのがもったいない、

もし世の中の庶民たちが食べたら、

日頃食べてる豆腐花は何なのかとショックを受けるぐらい完璧でした。 


わずかな情報によると、

この店も創業して50年以上、

今だ石臼で豆乳作るにこだわってるようです。

また次回来る時に試してみたいです。


本当にお店に関して、それ以上わからないため、

謎がまだいくつ頭に残っています。

なぜあんなに滑らかに仕上げれるか、

なぜかおいしいのにあまり紹介されてないかなどなど、

勝手な想像ですが、

もしかして、頑固なオヤジご主人?

それでもマスコミからの取材はNG?

あの忘れられない美味しさと謎で頭がいっぱいです。 


ちなみに、この豆腐花はたったの6HKドル、

この時代に、この質なもの、あり得ないしか言おうがないです。

地下鉄がまだ開通されてなく、

しばらくこの価格設定でやっていけるかもしれないが、

周囲も着々と再建ラッシュが始動されてる中、

ここしか味わえない至上の味をずっと守ってほしいです。

この近寄れないムードが宝です。


住所:鴻福街15號地下
営業時間:不明


↓このブログをご覧になって、いいと思ったら、ポチっと押してほしいです。
↓你按一下,我個blog就可以係日本或香港更受人關注,可以令更多人有機會睇到!
にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ

2017/06/15

非公式の香港大学食堂~聯華茶餐廳

かつては店内に香港大学の学生たちで混み合って、

特にお昼の時間帯には入店困難という繁盛ぶり、

現在もう二度とあの光景が見れません。

創業50年以上老舗はほとんど地元の常連の姿しかありません。

当時から取り残されたのが店構えと内装、

大きな変化が見当たらないとのです。


まず目線がレトロ調のエッグタルトトレイから行っていますが、

次にレジェンドの茶餐廳にあって当たり前の扉を開けると、

タイムトンネルを通し、

異なる空間のような店内に着きました。


床と壁のタイル、背もたれ椅子とテーブルの色合わせ、

全てはあの時代の定番です。

20年前までに大学生が外出して食事するのが認められてる頃、

訪れてるランチの時代帯は大学生だらけだったのに、

取材当日は待たずにすんなりと座れました。



調べてみたところ、

店員さんまで「レトロ」、

数十年でも勤めてる方がほとんど、

大ベテランからの注文取り方がやはり違いますね。

茶餐廳のソウルの一つも言える風情がそのまま漂っています。



このびっしりと書かれてるメニューもなかなか時代を感じます。

赤、青、緑の字とその配列があまりにも美しくて、

ついつい読みあげたくなります。

頼んだ日替わりランチセットもこの間で一気にお届けてもらいました。

バニラソース添えキチンライズとボルシチ、

もちろん香港スタイルにアレンジしたもの、

ドリンクはホットミルクティーです。


全体の味は「完璧」で、茶餐廳ならの最高峰レベル、

まさに私の理想な「茶餐廳の味」です。

言葉だけでは表し切れない、

わかる人はわかります。

そして、ホットミルクティーのアツアツ感と濃厚さもなかなか仕上がりです。


ずっと価格と味も納得する水準が維持できて、

しかも西營盤のメイン通りに立地されて、

まだやっていけるのがある程度お店の大家さんのおかげです。

何十年の付き合いもあって、

息子に引き継いでもらっても、

茶餐廳に対して、最大の利益を追求することなく、

人情味のある対応をしていますので、

しばらく安泰だと思います。


そして、なんと言ってもお店の最大の魅力はロフトです。

普段は一番混んでるしか開放されないようです。

話による、

昔、学生たちの勉強のために開放されたことがよくあるとのことです。

取材当日、機会を伺って階段に上がってみた、

やはり学生がいました。

とにかく学生たちに優しいお店という噂はどうも本当だそうです。


実はこのロフトが過去いろな有名人が訪れたそうです。

香港を代表する作詞家のジェームズ・ウォンと、

日本でも人気のサミュエル・ホイがまだ大学生の頃、

お店の常連という逸話が有名です。

この思い出があるからこそ、特に学生に優しいかもしれません。


ロフトにある大きな窓から茶餐廳の全体を見下ろせる、

まさに店内の隠れスポットです。

サミュエル・ホイもここで店内を眺めながら、

ビックな歌手になるという夢を見えただろう。



住所:西環西營盤正街28號地下
営業時間:0700~2200(年中無休)

↓このブログをご覧になって、いいと思ったら、ポチっと押してほしいです。
↓你按一下,我個blog就可以係日本或香港更受人關注,可以令更多人有機會睇到!
にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ

2017/06/12

隠れた伝統工芸職人の道

たった260メートルの道、

大都会の中心部に、

過去に大活躍された職人たちとその優れる技術をタイムスリップして、

行き来が激しいエリアにもかかわらず、

日々黙々と「作品作り」に励んでる姿が見れます。

モンコックにある『咸美頓街』に古き良き香港がまだ残っています。


その➀~勤記不鏽鋼工程

開業60年過ぎた感じをさせないお店の外観ですが、

店内のステンレススチール製品がほとんど手作りです。

しかも、香港の工場で作られています。


現在、ほとんどのステンレススチール製造工場が内陸に移っている、

この店も内陸の工場を持ってるが

はやり繊細な所が要求される時、急ぎな対応が求められてる時に、

やはり香港工場の存在が大きかったようです。


オーダーメイドの商品作成依頼がたくさんにもかかわらず、

その職人さんはわずか、

常に追いつかない状況になっています。

皆さんもよくご存知するあの『郵便ポスト』をはじめ、

調理道具、水タンクなどなど、

常連客たちの幅広く注文も応じます。


しかし、店主による、息子に引き継いでもらたくない、

つまり、現役の職人がいなくなったら、

このお店も終了ということです。

見れる日はいつまででしょうね?

ちなみに、店内の写真撮影は禁じられます、ご注意ください。


その②~謝全記紙號

一見どこでもありそうな葬儀用の紙製販売店ですが、

実はここの二階がお店の工場になっていて、

紙職人が夜時に工場内に様々な紙製品を練り出してる、

あの国際話題にもなった「ルイヴィトンバック」まで作り出せました。

恐ろしい技術です。


昼間はまだある程度インパクトな紙製品が飾られていますが、

深夜の時間帯こそ見所です。


とんでもない巨大な紙製品が次から次へ、

「自動車」、「飛行機」、「別荘」まで二階から外へ吊りだし、

トラックに積み込むようになる光景がここしか見れません。

異様な雰囲気が味わいたい人が見逃さないです。


ここでちょっとブレイク、この道のオアシスを紹介します。

碧波押』は芸術関係NPOから運営されてるギャラリーのような場所、

他所からの芸術家が地元への発信するための基地です。

ガラス越して様々な催しが気軽見れて、

特製なベンチまで設けまして、

とにかくなんでも見てくださいというスタンスが評判上々のようです。


訪れた日がちょうどわたしの大好きイラストレーター【飛天豬】による、

地元たちのために描いた人物画の展示会が行われています。

それは間違いなく皆も喜びます。

見たい人が今でも間に合えますよ。


その③~炳記銅器

70年歴史もあり、絶対的な老舗です。

開業当初は転々として、1970年代からやっと今の場所に落ち着きました。

店内のおじいさんたちがお店の初代の二名息子さんです。

と言っても、お二人もう70歳以上の大ベテランです。


お店が一番盛んだ時期は1970年代、

内陸から移り住んだ初代の陸炳さんが技術も持って来て、

まだステンレススチール大流行の前に、

香港だけではなく、海外からの注文も殺到し、

口コミは全世界まで広めています。


今でも数々地元の飲食店、

漢方屋さんが職人たちから作られたものを使っています。

ジョッキークラブの巨大な銅鑼もこのお店の代表作の一つです。

店内も様々な見たことあると何これと思われる製品も見れます。

はやり以前海外にも輸出したことがあったため、

取材当日、わざわざ海外から求めに来る外国人もいました。

その技術が本物だと証明されました。


店内で作業してる陸氏兄弟に邪魔しなければ、

基本的に店内の参観が歓迎されています。

展示された商品が見たい場合、

声を掛ければ、簡単に見せてくれます。


ひょうたんボット、鍋なども大人気商品、

ついにでコップも見せてもらって、

お値段まで聞いたところで、

三つもする桁に躊躇させられました。



世の中に銅製のものが消えた中、ステンレススチールが大流行の中、

あれだけものが頑丈で、

しかも手作りの製品がどんどん少なくなる今、

海外の銅原料の単価高騰の理由を加え、

陸氏兄弟がしばらく頑張る誘因になっていますが、

しかし、後継者もいない現状では、

消滅しに行くことも想定内です。

あのコップを買っとくべきですね。



【小心地滑】の看板もかなりこの道と上海街の出没率(販売用)が高いので、

番外編としては職人の技を見ながら、

看板探し及びゲットすることもおすすめです。

簡体字の表示も混ぜてるところがあるので、

気を付けて探してください。

↓このブログをご覧になって、いいと思ったら、ポチっと押してほしいです。
↓你按一下,我個blog就可以係日本或香港更受人關注,可以令更多人有機會睇到!
にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ